名古屋の予備校で医学部再受験を達成

医学部再受験のための予備校選び

医療に携わる仕事を目指し、医学部を受験 / 医学部再受験のための予備校選び / 合格を知った瞬間は本当に最高

私がまず一番重視したのは、再受験のための予備校選びです。
勉強の質はそれを指導してくれる先生によって、まったく異なります。
教えることが上手な先生と、教え方が下手だったり、あるいは指導に情念を持っていない先生では成績の上がり方が驚くほどに違うものだと高校時代に体験していました。
ちょうど友人が通っている予備校が名古屋にあり、ここの先生の教え方は評判も良かったため、お試しで通ってみることにしました。
全国に分校を持つ大手だけあって授業の内容がしっかりとしており、システム的にも洗練されています。
先生の性格や教え方もバラエティに富んでおり、自分に合ったシステムで勉強を続けられるのが魅力でした。
それに、嬉しいことに医学部への再受験を目指す仲間がいたのも大きかったです。
お試しをしたのは友人に紹介された予備校だけではなく、ほかの場所にも行ってみました。
それでも結局、最初に行った予備校が性格的に合い、ここでお世話になることに決めました。
この一年だけは父母の言葉に甘えて医学部を目指し、それでだめなら諦める覚悟でした。
我が家は決して裕福なわけではなく、親戚に医者がいたり、名士だったりという家ではありません。
ごく一般的なサラリーマン家庭であり、おそらく父の年収もごく普通です。
その中で再受験や勉強のための費用を必死になって捻出してくれていることは判っていました。
この一年だけと決めていたからこそ、勉強にはとても集中することができました。
バイトなどもせず、遊びは自主的に禁止して、とにかく朝起きてから寝るまでの間、ひたすら問題を解いていました。